ppc

皆さん、こんにちは。

今日もインターネットで波乗りしちゃってますか?そしてこのブログにたどりついたあなた!

完全に沖に流されて漂流しちゃってますよ(笑)

さてさて、皆さんインターネットで調べごとをするとき、Yahoo!やGoogleで検索をしますよね。

例えば、
美容室を探しているのであれば
「伊豆市 美容室」とか…
飲食店を探しているのであれば
「伊豆市 飲食店」とか…

検索の仕方はさまざまだと思いますが、よく目にするのが検索結果の上位や横に表示されるYahoo!なら「スポンサードサーチ」Googleなら「広告」と表示されている枠です。

この枠、検索すると必ず上位に表示されますが、これが「PPC広告」というもので、さてこれなんぞやという皆さんに簡単に解説します。実はこれ、皆さん興味を持っているらしくよく質問されますので…

「PPC広告」は閲覧者が検索したキーワードに連動して関連性の高い広告が表示される仕組みになっていて、これを「検索連動型広告」と言います。他にも「興味関心連動型広告」なんてのもありますが難しくなってしまうので今回は説明を省きます。

この広告枠、もちろん有料です。ではいくら?

わかりやすく言いますね。

あらかじめYahoo!やGoogleに広告代を3,000円分や10,000円分などまとめて支払っておきます。そして閲覧者が検索した時に連動させたいキーワードを入札で購入します。購入したキーワードに連動して表示された広告が閲覧者から1回クリックされたら、あらかじめ払っておいた広告代から差し引かれる。

そんな感じです(笑)

例えば「伊豆市 美容室」というキーワードを1クリック10円で購入します。「伊豆市 美容室」というキーワードに連動した場合に広告が表示されて、閲覧者はお客様が掲載した広告をクリックします。すると先にYahoo!やGoogleに預けていた広告予算から1クリック10円が引かれます。100回クリックされれば1,000円が引かれる訳で、もちろんクリックされなければ金額が引かれることはありません。

ただし、10円だったらいいじゃん!!って思ったら大間違いです(笑)

入札になっているので競合が多いキーワード(要は人気のあるキーワード)ほど1クリックあたりの金額が高価になっていきます。また、入札金額によって表示されるページ、または場所(上だったり、横だったり、下だったり…)が変わっていくので安価で入札すると1ページ目の上部どころかいっこうに表示されず広告効果が薄くなるわけです。

では、この「検索連動型広告」。どうやったら広告出稿できるのか。

ここからはYahoo!さん、Googleさんの出番です。

Yahoo!プロモーション広告
Google AdWords

何事もハマりすぎると少なからずお金がかかるものですよね?
趣味もそう。酒もたばこも、オンナもそう。(←すいません。僕は男なもので…)

このPPC広告も出稿した結果、売上に結びつけばいいのですが、クリックされるだけでは意味のない業種の皆さんは、ぜひ「ご利用は計画的に」!!

ご参考までに…