3月11日は東日本大震災から丸2年となります。何をすればよいか、どういう言葉にすればよいか、何をしても何を言っても現地の方にとっての苦しさが軽減されるわけではありませんが、せめてあの時のことを、今テレビで流れている映像を忘れないことが大切ではないでしょうか。そして2度とこれほどの震災とならないような対策が必要なのではないでしょうか。

静岡県と県内の全市町がドコモ、au、ソフトバンクの携帯に「緊急速報メール」を配信できるようになったそうです。気象庁が発信する「緊急地震速報」「津波警報」地方自治体の「災害・避難情報」を携帯各社が配信とのこと。

「伊豆トレイルジャーニー」というトレイルランニングレースが3月10日に開催されたそうです。賀茂郡松崎町から伊豆市独鈷公園までの約70kmを駆け抜けるというレースに1,350人が参加されたとのことです。トレイルランニングとは舗装路以外の山野を走るものだそうですが、1,350人はすごい人数ですね。(トレイルランニングについて詳しくは こちら)ちなみに2月17日に行われた伊豆マラソンは全コース総申し込み人数が2,907人だったそうです。

アジア各地から日本に訪れる人の数が2017年には900万人に達し2012年の640万人の1.4倍となるそうです。国別を見ると韓国、中国、台湾、香港、タイの順に多いそうです。インバウンド旅客をいかに伊豆に呼び込むか。観光地ににぎわいを取り戻すには、受け入れ態勢も含め今後の要検討課題ではないでしょうか。

アベノミクスの浸透にはまだまだ時間がかかるのでしょうか。県内の2月の企業倒産は26件とのこと。それでも8ヵ月ぶりに前年比減だそうです。会社の規模によりますが26社ということは何百人単位の方が職を失っている可能性があります。アベノミクスに景気回復の希望を見出すことは難しいのでしょうか。

さて、今日は静岡県内における新聞折込広告の部数と料金をご案内します。

新聞の折込広告をご検討される方ぜひご参考に。

■部数 こちら
■料金 こちら

上記部数と料金につきましてはご注文される際に必ず販売元へ再度ご確認頂きますようお願い致します。